優勝!キム ジョンドクプロ 日本プロゴルフシニア選手権大会

プロ情報 2011/10/11

本間ゴルフ契約の金 鍾徳(キム ジョンドク) プロが、日本最古のシニアメジャー大会である、日本プロゴルフシニア選手権大会で優勝。

金プロは2日目に首位に並ぶと、決勝ラウンドもそれぞれ2アンダーで回り、2位に3打差をつけてメジャー制覇。7,021ヤードとシニア大会では長い距離と難しいコースセッティングの中、HONMA BERESを手にした金プロは、平均285ヤードという他を寄せ付けない飛距離で大きなアドバンテージを得る事に成功した。
前週の韓国シニアツアーにつづいて2連勝、さらに日本シニアツアーにおいても、8月の試合に続いて2勝目で賞金ランキングトップを独走している。
さらに当トーナメント勝利により、全英シニアオープンと米国シニアメジャー大会の出場権、そして来年の米国シニアツアーの最終予選への出場資格を手にした金プロは、50歳になって世界の舞台で戦える事に、目を輝かせていた。

(2011/10/6-9 ジャパンメモリアルゴルフクラブ 7,021Yards Par72)

クラブ
1W BERES Sシリーズ プロト
3W 他社
5W TW-FT
Iron BERES TW904 PROTO (3-10)
Wedge BERES W103 53°/58°

金 鍾徳(キム ジョンドク) プロのページはこちらから ⇒

ニュース・リリース一覧へ戻る