ものづくりの工程 ものづくりの工程

HONMAのゴルフクラブは、トーナメントで戦う契約プロたちの様々な意見を反映して作られます。
プロからの意見は、プロサポートチームからものづくりの現場にフィードバックされ、熱意系ゴルファーの要望に応えるためのクラブ作りに活かされます。

プロによるフィッティング風景

プロサポートチーム

ものづくりの現場

プロセス01 設計

モデルコンセプトに合わせた設計

ロボット試打、レーダー弾道解析等、科学的データをフィードバックし、モデルコンセプトに合わせ、デザイナーが設計していきます。
実際ツアーで戦う契約プロの貴重な意見も、プロサポートチームからフィードバックされ、設計から活かされます。

プロセス02 金型

クラブを知り尽くした匠に優るものはない

機能美を追求し、マスターモデルを削りだすところからアイアンの造形は始まります。
CADを活用した精密な設計が基本ですが、最後の「ひとなめり・チョイ盛り」は、やはりクラブを知り尽くした匠の手に優るものはありません。

マスターモデルへのこだわり

コンピューターではできない形を人の手で形づくり、人の目で確かめる。実際に人が構えたとき美しさを感じるを形に落とし込む。
人の感性を大切にする。HONMAのクラブづくりのこだわりです。

プロセス03 アイアン研磨

匠によるイメージ通りの削りあげ

デザイナーがイメージする“カタチ”に、研磨の匠が削りあげていきます。
プロが使用するアイアンでは、プロが何を求めているのか、積み上げられた経験を活かし理想のカタチになるよう削っていきます。

※通常、プロや一部オーダー品のみの対応

プロセス04 グリップ入れ

機械と、人の手と目

センサーで合わせ、機械で正確に入れられるグリップ。
しかし、最後は匠が目でシャフトに対しての向きなどを確認し、調整をします。
機械だけに頼らない、これがHONMA流です。

プロセス05 接合

HONMAオリジナルのマシンによる接合

シャフトのマークとヘッドの向きを「まっすぐに合わせる」。
レーザー光を利用し接合するマシンは、HONMAオリジナルです。
機械が優れている点は利用する。HONMAのクラブづくりでは様々な工夫が成されています。

プロセス06 ソケット研磨

さらなる品質へのこだわり

ヘッドとシャフトをつなぐ「ソケット」を匠が綺麗に磨きあげていきます。
飛びには直接影響しませんが、人の手で磨きあげる。品質へこだわるHONMAの欠かせない工程です。

プロセス07 ライ角・ロフト角のチェック

厳密なチェックを繰り返す

アイアンのライ角・ロフト角は、専用のゲージに乗せ、厳密にチェックされます。
熱意系ゴルファーに最高のクラブを提供するため、一切の妥協も許さない姿勢で匠が見極めていきます。