本間ゴルフ 品川STUDIO スタッフブログ


2015年10月21日

TW-K1試打インプレッション&打ち比べ

どうもこんばんは~ 名前のわりに映画の話題が少ないムービーです・・・
ということなので、最近は「ジュラシックワールド」を観ましたー!
いや~ラプトル、T-REXかっこいい!4Dで観ると絶対盛り上がりますよ!
これから気になるのは「007 スペクター
ジェームズボンドはもちろんカッコイイですが、
ボンドカーもかっこいいですよね~
ボンドカーといえばアストンマーティン!!映画のためだけに製作されたDB10と相対するのはジャガーC-X75
英国を代表するスポーツカー同士がローマ市街を駆け巡るとのことでとっても楽しみです☆
車のデサインも素敵なのですがミサイルがぶっ飛んだり、
超機能が付いていたり、高級車なのにボコボコになったりと実に見所満載です。

さて、HONMA熱意系ボールシリーズに新たなラインナップが登場!!
ハードヒッター向けの驚異の6ピースTW-G6とアベレージゴルファー向けのTW-K1
もうお試しになりましたでしょうか?


 

今回はH/S40前半向けという自分でも使いやすそうなTW-K1を試打してみました!


まずはパッケージから
ホワイトを基調としてまるでiPhoneのように洗練されたシンプルなデザインです。
無用なイラストは不要!中身の勝負というのが伝わってきます。
TW-G1,G1xと色違いになっているので同じシリーズというのが直観的にわかりやすいですね。
スリーブケースも同様に無駄のないシンプルさです。

中身を見てみましょう
カラーは明るめのホワイト、数字は1・2・3・4のシングルナンバーとなっています。
触った感じはウレタンカバーだけあってしっとりとして結構食いつきの良さそうな印象ですね。
ボール同士をぶつけた音もカツカツとした硬い響きはしません。

ではドライバーで実際に打ってみたいと思います

打感は非常にソフト。頑張って振りに行かなくてもボールが勝手に飛んでいってくれる
イメージですね。球筋もサイドスピンが抑えられて直進性の高さを実感できます。
ソフトさがあるのに吹け上がりの心配は全然ありません。
H/S42くらいだと非常に使い勝手が良いです!

せっかくなので、レッスン用の2ピースボール、TW-G1、TW-G1xと比較してみました!

GC2のデータがこちら
↓↓↓

 

2ピースも初速はまぁ良いですがつぶれが大きく、打出しが高く出てしまいますね。
一つだけスライス回転がかかったボールもありますが、平均的に飛距離は出ていません。

現在私が使っているボールです。こちらもソフトな打感が持ち味で使いやすいです。
データ的にもまずまずといったところですね。
ドライバーの飛距離はTW-K1に劣りましたが、アイアンでのスピンが非常に利くので
ショットに自身のある方にはTW-G1をお勧めします!

この中ではやや硬い感じのフィーリングです。しっかり振れて当たってくれればいいのですが、
現状ではややハードな印象です。ディスタンス寄りのボールになるので初速は上がりやすいです。
TW-G1xはH/Sがもう少しあると飛距離も伸びて最適となりそうです。

新ラインナップのTW-K1ですが予想していた以上に性能が良いです!
ボール初速は他と比べて全然速くなっています!!打ち出しは抑えられスピンも適度にかかり、
弾道を見てもわかりますがぐんぐん伸びていく球ですね。
平均飛距離も2ピースと比べると驚くべきことに20ヤード以上も飛んでいます!

飛距離にお悩みの方にとっては大きな武器となりますので是非お試し下さい!
お値段は1ダース¥4,800+税 1スリーブ¥1,200+税とコストパフォーマンスにも優れています。

熱意系ボールのフルラインナップはこちらから
http://www.honmagolf.co.jp/jp/twg1/


ボールによって結構違いが分かれるものです
品川STUDIOではボールの打ち比べも出来ますよ!

 

Filed under: 未分類 — ムービー @ 6:41 PM

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

トラックバックURI:http://www.honmagolf.co.jp/jp/blog/shinagawa/articles/ets/2756.html/trackback

コメントする